金融機関対策

金融機関対策 -付添い-

貸し渋り・貸し剥がし

今まではスムーズに借入が出来たのに、最近審査も厳しくなってきた。 どうしたら良いのか?

金融機関では信用格付システムにより企業を財務内容を分析して、 それぞれの企業への融資可否を判断しています。 財務状況上、どのような点が問題視されているか、どの点を評価して いるのかをまずは自社分析してみる必要性があります。

金融機関における融資には、それぞれの特徴があり、スタンスが大きく変わってきます。
「どのような企業への融資に力をいれているのか?」これらの特徴を把握しておくと、融資を受けられる可能性が高くなりますのでご紹介します。

金融機関 書類 交渉のポイント
メガバンク
上位地方銀行
  • 高い精度が要求される
  • 各銀行員の書類検証能力が高い
  • 資料を完璧にして理路整然とした説明が必要
  • カードや積立に付き合っても評価につながりにくい
その他地方銀行・
信金・信組
  • 各書類の提出で格段に評価が上がりやすい
  • 支店担当者との関係が重要
  • 支店長と直接話す機会を多く持つと評価も上がる
政府系金融機関
  • 書類を最も重視する
  • 将来の計画を重視する
  • 経営計画書を用いて将来の企業が良くなる姿を中心にアピール
信用保証協会
  • 企業カタログ、現場の写真、商品の写真などを添付
  • 実績に加え、融資後の改善姿勢を示す

創業1年未満の法人の場合は・・・

創業してまだ一度も決算を迎えていない場合、「日本政策金融公庫」または「各都道府県の創業者向け制度融資」を考えたいです。むしろ創業者が融資を受ける道はその2つに限られているのが実情といえます。

お問い合わせ

ページトップへ

お問い合わせ

決算書診断

財務改善

金融機関対策

リスケジュール

コンサルティング

会社情報

【新日本経営ビジネス・コンサルティング株式会社】

事務所外観

<東京池袋オフィス>
東京都豊島区南池袋
2-49-7池袋パークビル1階

<さいたま事務所>
埼玉県さいたま市浦和区仲町
1-11-12さくらビル浦和I 3階
0120-814-680

対応エリア

埼玉県、東京都内を中心に、
群馬、栃木、茨城、千葉、神奈川

地図

Copyright © 新日本経営ビジネス・コンサルティング株式会社All Rights Reserved.